ニュース

2019年3月、中国では複数の法律及び行政法規を連続的に修正し、知的産権保護を強化する背景において、複数の法規の変化は知的産権の係り、以下の新しい変化が纏めれる。

 一、2019年3月15日、十三期全国人民代表大会第二回会議では、《中華人民共和国外商投資法》が表決して成立し、元の《中外合作経営企業法》、《外資企業法》、《中外合資経営企業法》(すなわち「外資三法」)に代わり、2020年1月1日から施行される。

最高人民法院が司法解釈を打ち出し、公衆人物の氏名は商標として登録することができない

1月11日、最高人民法院は「最高人民法院の商標権の付与、確認をする行政事件の審理における若干の問題に関する規定」を打ち出した。該司法解釈は全部で31条であり、2017年3月1日より施行される。

『専利審査指南』の改正に関する決定

2017年3月1日、SIPOは「国家知識財産権局による『専利審査指南』の改正に関する決定」を発表した。該決定は2017年4月1日より施行されます。改正草案の内容は、以下のものを含む。

中国国家知的財産権局が2016年の作業状況及び統計データを発表

中国国家知的財産権局(以下、「SIPO」という)は2016年度の作業状況及び統計データを発表した。同局では、2016年に受理した発明専利出願の数は対前年比21.5%増の133.9万件に達し、6年連続で世界1位となっている。登録になった件数は40.4万件であり、うち国内出願人による出願は2015年と比べて3.9万件増加し、30.2万件に達している。このうちの27.6万件(91.4%)が職務発明であり、2.6万件(8.6%)が非職務発明である。

商標局、一部の商標出願書類と手続きを簡素化

商標局は2016年12月29日に通知を発行して、次に記載のとおり、一部の商標出願書類と手続きを簡素化することを発表した。

中華商標協会、代理機構の不正競争行為を厳重に処する

2016年7月4日、中華商標協会は『代理機構会員に対する商標情報の規範的な使用に関する通知』を発表した。今後、代理機構が、商標局による公開の前に関連情報を取得し、それをもとに顧客を誘致し、関係代理機構の利益を損ね、商標代理市場の正常な秩序を破壊した場合は、協会は、「商標法」、「中華商標協会章程」及び「中華商標協会商標代理分会懲戒規則」に基づき懲戒を行い、社会に公示することとする。

2015年中国国家知識産権局の統計データ

中国国家知識産権局は、以下のとおり2015年度のデータを統計した。

「電子商取引分野での専利法執行・権利維持協力機制の深化に関する通知」

中国国家知識産権局は、このほど、「電子商取引分野での専利法執行・権利維持協力機制の深化に関する通知」を発表した。該通知では、「電子商取引分野専利法執行・権利維持協力調整(浙江)センタ」を創立することを明確にした。具体的な業務方針は、以下のとおりになっている。

1 / 3